マンガ

マンガ「木造迷宮」アサミ・マート(著)

世の中メイドブームですが、日本にも「女中」という職業 (?) があります。

昭和初期を舞台に、しがない三文小説家の家に住み込みで働く、若くて可愛くて気立ての良い女中さんの話です。

ほのぼのとした日常を、卓越した画力で生き生きと描いていますが、全一巻なのが惜しいです。
もっと読みたい。

Book 木造迷宮 (リュウコミックス)

著者:アサミ・マート
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

木造迷宮 木造迷宮
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンガ「キョウハクDOG's」 しゃあ(著)

小説「乃木坂春香の秘密」の挿絵がかわいかったので、しゃあ氏のマンガを買ってみました。マンガはこの一冊しか出ていないようです。

読み始めていきなり「朝倉信長」や「イノセントスマイル」が出てきたので、あれ?これは「乃木坂…」なの?と思いましたが、どうも「乃木坂…」の舞台設定を使用した別の話のようです。

あとがきを読むと、しゃあ氏は「乃木坂…」のコミカライズをやりたかったようですがOKが出なかったようで、次善の策としてこうなったのでしょうかね?

マンガの内容もネタ的には「乃木坂…」を踏襲していますが、絵がかわいいので全て許します。

しかし、地味なタイトルと表紙はちょっと損だと思います。店頭で目を引くものにすればもっと売れると思うのですが。

キョウハクDOG’s 1 (1) Book キョウハクDOG’s 1 (1)

著者:しゃあ
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンガ「乱飛乱外(らっぴらんがい)」田中ほさな(著)

本屋でなんとなく手にしたマンガ「乱飛乱外(らっぴらんがい)」。
これが意外に面白いので収穫でした。

講談社の「月刊少年シリウス」で連載中だそうですが、私はこの雑誌知りませんでした。
作者は「田中ほさな(田中保左奈)」
「GS美神 極楽大作戦!!」の作者・椎名高志のアシスタントをしていたこともあってか、単行本の帯には椎名高志推薦とあります。

物語の舞台は戦国時代。
額に角を持つ少年「雷蔵」はその容姿のため、人々から鬼っ子と虐げられひっそりと暮らしている。
ある日雷蔵は溺れた女性を助けるが、他人とあまり関わった事のない雷蔵はうまくコミュニケーションをとることができない。
そこへ雷蔵の命を狙う刺客が現れる。
刺客は額に角を持つ刀(かたな)一族を根絶やしにするために暗躍していた。
雷蔵は刀一族の最後の一人だという。
刺客の凶刃にかかる寸前、雷蔵は先の女性に助けられる。
この女性こそ、刀一族に仕える女忍者だった。

という出だしで、雷蔵には四人の女忍者が仕えるらしいですが、1巻では三人出てきます。
ハーレム系のマンガかとおもいきや、実に少年漫画らしい快作で、お色気も適度で好感が持てます。
画力も構成力もあり、実力のあるマンガ家だと思います。
背景の描き込みなどを見ると、この人は時代劇が好きなんだなぁと思います。
私はこれから応援していきたいと思います。

ところで、田中ほさなさんは「ポカちゃんと僕」というWEBコミックの絵も描かれています。

乱飛乱外 1 (1) Book 乱飛乱外 1 (1)

著者:田中 ほさな
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

乱飛乱外 2 (2) Book 乱飛乱外 2 (2)

著者:田中 ほさな
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

乱飛乱外 3 (3) Book 乱飛乱外 3 (3)

著者:田中 ほさな
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンガ「のだめカンタービレ」

前から気になっていたマンガ「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子著)を読みました。
非常に面白いです。
講談社のKissにて連載中で、単行本は現在15巻出ています。

変なタイトルですが、のだめとは主人公・野田恵の愛称で、カンタービレとは音楽の表現で「歌うように」の意味です。

クラシック音楽の世界を描いたマンガなので堅苦しいと思われがちですが大丈夫です。
音楽大学で指揮者を目指し、ピアノとバイオリンも人並み以上の腕を持つ天才肌の主人公・千秋真一。
最初は思い上がっていて嫌な奴なんですが、後輩の不思議少女・野田恵と出会う事によって徐々に丸くなってゆき、同時に成長もしてゆきます。
この野田恵ことのだめは、楽譜を見ず感性でピアノを弾くため、千秋と正反対の音楽性を持っています。
しかも部屋はゴミの山、何日も風呂に入らないというおよそヒロインらしからぬキャラクターで、これまた千秋と正反対。
のだめが千秋にまとわりつくドタバタが楽しいです。

このマンガを読んでクラシックに親しみを持つ人が増えればいいなと思います。

のだめカンタービレ(1) Book のだめカンタービレ(1)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)