アニメ

アニメ「ラブ★コン」

アニメ版の「ラブ★コン」をBS-iで見ていますが、これ面白いです。

原作は別冊マーガレットに連載中の少女マンガです。
ちょっと前には藤澤恵麻と小池徹平で実写映画になってましたね。
この映画も観たかったんですが、先にアニメを観てしまいました。

身長172cmの女の子と、156cmの男の子が織り成す王道的ラブコメです。

BS-iでは今日第5話が放送されましたが、寿聖子郎という見た目は女の子だけど実は男というキャラクターが出てきます。
いわゆるお約束キャラです。
大体この手のキャラクターは色物的な扱いが多いのですが、ラブ★コンでは前向きで真摯なキャラクターとして描かれています。
男だとバレて、主人公の大谷から嫌われたと思って泣くシーンでは不覚にももらい泣きしてしまいました。
声は少年役を演じることが多い瀧本富士子さんで、実にいいです。

今度マンガも読んでみようと思います。

ラブ★コン DVD BOX volume.1 (完全生産限定版) DVD ラブ★コン DVD BOX volume.1 (完全生産限定版)

販売元:アニプレックス
発売日:2007/08/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「ひぐらしのなく頃に」

アニメ版の「ひぐらしのなく頃に」をやっと全部見ました。
怖いです。そして面白いです。

私はホラー映画が好きでよく観ますが、面白いと思うものはなかなかありません。
今思い出せるもので面白かったのは、リング(高橋克典版)と呪怨劇場版です。
しかし、まさかアニメで背筋が寒くなる思いをするとは思いませんでした。

「ひぐらし~」は、デフォルメされたキャラクターデザインはほとんど冗談の領域だし、キャラを立たせるための奇行や言動にとっつきにくさはあるんですが、そのあたりは前半のほのぼのシーンで慣れてしまい、こういうのもいいかもなと思ったあたりから徐々にホラーになっていくというのはなかなかいいです。
音楽職人川井憲次による、控えめだけど不安感を誘うBGMもぴったりはまっています。

どういう話かは公式ページを見ていただくとして感想を書きます。

・鬼隠し編
とても面白い、そして怖い。
身近な人が狂気を秘めている恐怖、主人公は追い詰められていくが子供なので山村から一人では逃げられない恐怖がよく描かれています。

・綿流し編
これも面白く、怖い。
閉鎖的な山村の因習。ちょっとしたきっかけで闇の扉を開いてしまい狂気に支配されていく恐怖。禍禍しい拷問道具の数々も恐怖感を煽ってくれます。

・祟殺し編
これは大したことないです。

・暇潰し編
これも別にどうということはありません。

・目明し編
これは綿流し編の解答編という位置づけですが、サスペンスタッチで怖いし残酷だし、このアニメ15禁にしなくていいのかな?と思うぐらいです。
物語中で双子の園崎魅音と園崎詩音の声を、雪野五月さんが二役で演じておられますが、これが鬼気迫る演技で素晴らしいです。しかもほとんど出ずっぱりなのでまるで一人舞台です。

・罪滅し編
これは鬼隠し編の解答編という位置づけですが、正直がっかりです。
鬼隠し編が大変面白かっただけに、失望も大きいです。
この落胆の大きさはエヴァンゲリオンの最終回以来です。
なんなのよこれは。

最終回になってもまだまだ語られない謎があるので、アニメ第2期に期待しましょう。
2期のキャラクターデザインは、普通の萌えアニメっぽくなってますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「Kanon (カノン)」

BS-iで放送されていた京都アニメーション版「Kanon」を観ました。
なかなかよかったんですが、これほどいい面と悪い面が極端なアニメも珍しいと思いました。
ちなみに原作ゲームはプレイしていません。

まず悪い面から言うと、主人公の相沢祐一が、この手のゲームにありがちな寒い台詞回しの連続。特に子供時代の台詞は、子供の言葉としておかしすぎる。
それから、各キャラクターの背景が見えないので薄っぺら。GUNSLINGER GIRLのアレッサンドロの台詞に、「これだけ話して背景が見えない女は初めてだ」というのがありますが、まさにそんな感じです。
あと、話の展開が唐突過ぎて説得力がない。いや、荒唐無稽な話はいいんですが、それなりに説得力がないとダメだと思います。突然、彼女は実は○○なんだと言われても、なんだそりゃとなります。

全体としては突っ込みどころ満載ですが、それに目をつぶれば女の子毎のエピソードはそれなりに面白く、個々のシーンでは泣けます。
女の子達は容姿も性格も極度にデフォルメされていますが、京都アニメーションによる美しい絵、表情の変化、微妙なしぐさがよく描かれています。それに声優の演技が加わり、実に愛らしくかわいいです。

最終回を見終わった後は爽やかな気分になります。

Kanon 1 DVD Kanon 1

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/01/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 2 DVD Kanon 2

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/02/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 3 DVD Kanon 3

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/03/07
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 4 DVD Kanon 4

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 5 DVD Kanon 5

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/05/02
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 6 DVD Kanon 6

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/06/06
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 7 DVD Kanon 7

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/07/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

Kanon 8 DVD Kanon 8

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/08/01
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「ロケットガール」

WOWOWでノンスクランブル放送されていた「ロケットガール」が今日最終回でしたが、面白かった。

当初、女子高生が宇宙飛行士になるという設定だけ聞いて、チャラチャラした話かと思って見てなかったんですが、偶然8話から見始めて、意外にもしっかりした近未来SFだということが分かりました。

まぁ、女子高生がアルバイトで宇宙飛行士になるという点は荒唐無稽ですが、それ以外の部分はしっかりしています。宇宙航空研究開発機構 (JAXA) が協力しているので、リアリティ抜群です。
個人的には、大人がしっかり活躍しているのが嬉しいですね。菅生隆之の渋い声最高です。

残念なのはクライマックスがかなり駆け足だったこと。あと2話ぐらい使ってじっくりと緊迫感たっぷりに描いてほしかったです。

ロケットガールを見て、以前テレビでやっていたアポロ13号事故のドキュメンタリーを思い出しました。
アポロ13号を生還させるため全員一丸となって必死で努力する地上メンバー達の話でした。これが映画「アポロ13」よりはるかに面白かったのでまた見たいのですが、番組名すら忘れてしまいました。残念。

(2007/06/07 追記)

DVDの1巻が出たので見ました。
実に面白いです。
何度も繰り返し見られるアニメというのはそうないんですが、これはもう10回以上観ました。
構成がよく練られていて、無駄がなくテンポがいいので何度見ても飽きません。
第2話の電卓のシーンは個人的にニヤリとしました。

ロケットガール 1 通常版 DVD ロケットガール 1 通常版

販売元:ハピネット
発売日:2007/05/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロケットガール 2 DVD ロケットガール 2

販売元:ハピネット
発売日:2007/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ロケットガール  3 DVD ロケットガール 3

販売元:ハピネット・ピクチャーズ
発売日:2007/07/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「おおきく振りかぶって」

TBS系で深夜放送されているアニメ「おおきく振りかぶって」が面白いです。

野球モノは古今東西、数多の作品があるので、また野球マンガかと思いましたが、見てみるとこれが結構面白く、まだまだ面白いものが作れるのだなと思いました。

アニメがいい出来なので原作マンガをちょっと見てみましたが、うーん、1巻の最初は絵が安定してないんでしょうか、アニメの方がずっといいです。

登場人物がみんな好感が持てるし、変に不良が出てこないのがいい感じです。
百枝まりあの巨乳設定が今後どんなふうに生きてくるのかも楽しみです。

おおきく振りかぶって 1 DVD おおきく振りかぶって 1

販売元:アニプレックス
発売日:2007/06/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります」

映画「超劇場版 ケロロ軍曹2 深海のプリンセスであります」を子供と一緒に映画館で観て来ました。
なかなか面白いです。

そつのない作りで、お笑いがありアクションがあり、そしてちょっぴり切なくホロリと来ます。
私もちょっと涙が出ました。

子供の頃迷子になって不安と寂しさで張り裂けそうになったことはないでしょうか。
それが本作のテーマですが、迷子になったことがない子供達はその辺はよく分からなかったみたいです。

本作でちょっと残念なのは、映画ならではの要素がないことです。
例えば、作画が異様にいいとか、メチャクチャよく動くとか、そういう金かけてるなぁ的なものがなく、テレビ版の2時間スペシャルみたいであるのが残念です。

元モーニング娘。の辻希美がマール役でゲスト出演していますが、声優としても悪くないと思いました。

おまけ上映の「ちびケロ ケロボールの秘密」はどうしようもなくつまらないです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画「ブレイブストーリー」

映画「ブレイブ ストーリー」を見ました。
うーん、残念ながらつまらないと言わざるを得ません。

作品のテーマもいいし、日常から非日常へ行って日常へ帰るというオーソドックスな展開もいいし、映像も音楽もいいのですが、つまらないのです。

私は原作を読んでいませんが、おそらく映画用に組み直した脚本とその演出が失敗だと思います。

まるでダイジェスト版を観ているようです。
観客が登場人物に感情移入する前、作品世界に入り込む前に、あれよあれよという間に話が進んでしまい、観客は置いてきぼりにされてしまいます。

演出も起伏が乏しくダラダラとした印象を受けます。
主人公が冒険らしい冒険をしたようには見えないため、クライマックスの「苦難に満ちた冒険」というセリフが空々しく聞こえます。

テレビシリーズにして、26話ぐらい使ってじっくり描けば面白い作品になったのではないでしょうか。
実に残念な作品です。

ブレイブ ストーリー DVD ブレイブ ストーリー

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/11/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」

やっと、DVDでアニメ版「涼宮ハルヒの憂鬱」を観ました。
面白いですねこれ。
質が高くて人気が出るのも頷けます。

小説読んでストーリーを知っているのにもかかわらず面白かったです。
アニメ版では、小説版の2大欠点である「ウザいハルヒ」と「くだらない比喩」が濾し取られ、魅力が増幅されています。
私は今小説の5巻を読んでいますが、小説もだんだんこの欠点がなくなってきています。
これならハルヒかわいいです。
いやそれにも増して長門がかわいい。
キョンの独白もいい感じです。

アニメには「涼宮ハルヒの消失」のエピソードは入ってないようですが、多くのファンと同様に私もこのエピソードのアニメ化を切に希望します。

涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 朝比奈ミクルの冒険 Episode00 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/06/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 1 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/07/28
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 2 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 2 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/08/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 3 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 3 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/09/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 4 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 4 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/10/27
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 5 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 5 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/11/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 6 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 6 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2006/12/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

涼宮ハルヒの憂鬱 7 通常版 DVD 涼宮ハルヒの憂鬱 7 通常版

販売元:角川エンタテインメント
発売日:2007/01/26
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)