« ビデオカメラ Canon iVIS HF M41 | トップページ

BeagleBone Blackに公式のDebianを入れる

BeagleBone Black内蔵フラッシュのOSはAngstrom Linuxでしたが、公式にDebianがサポートされたようなので書き換えたときのメモを残します。

環境

まず私の環境ですが、ホストマシンにWindows7、その上でOracle VM VirtualBoxでDebianを動かしています。

イメージファイルをダウンロード

Debianで、http://beagleboard.org/latest-imagesからイメージファイルをダウンロードします。

「BeagleBone Black (eMMC flasher)」のところにある
「Debian (BeagleBone Black - 2GB eMMC) 2014-05-14」をダウンロードします。
ダウンロードされるファイルはこの記事の時点では
「BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.img.xz」でした。

xzで圧縮されているので、次のように解凍します。

$ xz -d BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.img.xz

BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.imgというファイルになります。

microSDに書き込む

2Gバイト以上のmicroSDをUSBメモリカードリーダ・ライタに差してPCに接続し、
VirtualBoxのUSBデバイス割り当てを行い、microSDをDebianに認識させます。
そして次のようにしてmicroSDに書き込みます。(凄く時間がかかります)

$ sudo dd if=BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.img of=/dev/sdb

書き込みが終わったらDebianでmicroSDをアンマウントして取り外します。

BeagleBone Blackの内蔵フラッシュを書き換える

microSDをBeagleBone Blackに差し、電源を入れます。
4つのLEDが点滅している間は書き込み中なので電源を切ってはいけません。

4つのLEDが全て点灯し、その後消灯したら書き込み終了です。
電源を切ってmicroSDを抜きます。

ちなみに、Debianは自動ログインで、ユーザ名はdebian、パスワードはtemppwdです。

microSDのフォーマット

使用したmicroSDはパーティションが切られてしまって、Windowsからは96MのmicroSDとしてしか認識されなくなってしまうので、フォーマットします。

Windows標準機能のフォーマットではできないので、 SDフォーマッタをダウンロードしてインストール、起動します。
「オプション設定」の「論理サイズ調整」をONにしてから「フォーマット」を行えばOKです。

|

« ビデオカメラ Canon iVIS HF M41 | トップページ

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/56705573

この記事へのトラックバック一覧です: BeagleBone Blackに公式のDebianを入れる:

« ビデオカメラ Canon iVIS HF M41 | トップページ