« 2010年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2011年9月

ビデオカメラ Canon iVIS HF M41

久しぶりにビデオカメラを買いました。
Canon iVIS HF M41 です。
今まで使っていたのは SONY DCR-PC300K ですから、およそ 8 年振りの購入です。

HF M41 の性能については他のブログに譲るとして、私は体育館スポーツの撮影について書いてみます。

まず、 AUTO (オート) モードでの撮影ですが、そこそこ撮れるという印象です。
あまりひどいことにはなりませんが、やはり機械に任せるのは少々無理があります。
体育館は窓やドアなどでいきなり逆光になりますが、自動逆光補正は補正がかかるまでに時間がかかります。
また、体育館の床を「鮮やかな色」と判断してしまい、画面が必要以上に赤くなってしまいます。

もっと綺麗に撮りたい場合は M (マニュアル) モードで次のような設定をするといいと思います。

・手ブレ補正はスタンダードにする

試合を横から撮ったときなど、左右にパンする場合手ブレ補正が「ダイナミック」だと揺り戻しが大きくて気持ち悪くなります。「スタンダード」にすることで改善されます。
カメラを動かさないときは積極的に「パワード IS 」ボタンを活用しましょう。

・露出を固定する

窓やドアの明かりが映り込まないようにして露出を固定すると、逆光でも大丈夫です。
ちなみに、自動の露出調整のとき手動で逆光補正をするには、ピクチャー設定で明るさをプラスにするといいです。
露出は電源を切ると自動調整に戻ってしまうので注意してください。

あとはホワイトバランスを固定したいんですが、いい方法が見つからないので今のところ AWB で撮っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2014年7月 »