« 映画「ルイスと未来泥棒」 | トップページ | 液晶テレビを PC モニタにする »

CPU交換

Core2Duo E8400が2万円を切ったのでE6300から交換しました。
マザーボードはASUS P5B-E Plusなので、BIOSを最新の0633にしてから交換。
何の問題もなく動きました。

Super PIの104万桁が、 E6300が30秒、E8400が16秒なので倍ぐらいの性能になりました。
体感的には、Vistaがキビキビと動くようになったように感じますが、これは主観なので気のせいかもしれません。

さて、このマザーボードのFSBは本来1066MHzです。
E6300はこれでよかったのですが、E8400のFSBは1333MHzなので実際どうなっているか確認してみました。

まずBIOSで確認。
CPUクロックは3.01GHz、FSBは1333MHzでした。

念のためCPU-Zでも確認。
C1EとEISTが有効なので、定常状態でクロック2GHz、FSB1333MHzです。
Super PIで負荷をかけると、クロック3GHz、FSB1333MHzになりました。

自動でオーバークロックしているみたいです。
発熱大丈夫かなぁ。

|

« 映画「ルイスと未来泥棒」 | トップページ | 液晶テレビを PC モニタにする »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/22606130

この記事へのトラックバック一覧です: CPU交換:

« 映画「ルイスと未来泥棒」 | トップページ | 液晶テレビを PC モニタにする »