« 映画「モンスター・ハウス」 | トップページ | 海外ドラマ「24 -twenty four- シーズン6」 1巻~3巻 »

映画「デジャヴ」

映画「デジャヴ」を観ました。
これは面白いです。

予備知識なしで見始めたので、最初は犯罪サスペンスだと思ったんですが、SFが加味されていました。

500人の客を乗せたカーフェリーがテロリストによって爆破される。
この大惨事の捜査にダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)が当たる。
捜査線上に一人の女性被害者が浮かび、さらに最新の捜査手法として過去を見ることができる装置を使用することになる。

ダグ・カーリンは「酒タバコ火器局」の捜査官ですが、アメリカにこんな機関があることを初めて知りました。

トニー・スコット監督がスピーディーかつ緊迫感あふれる演出でタイムパラドックスを描きます。久しぶりなので新鮮でした。
DVDは英語と日本語どちらもDD5.1なので私は吹き替えで見ましたが、デンゼル・ワシントンの吹き替えは大塚明夫で実にうまいです。

しかし、ヴァル・キルマーは太りましたね。

デジャヴ DVD デジャヴ

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画「モンスター・ハウス」 | トップページ | 海外ドラマ「24 -twenty four- シーズン6」 1巻~3巻 »

映画」カテゴリの記事

コメント

はじめまして!最近、トニー・スコット監督作にハマってます。吹き替えは大塚明夫ですか!マイボディガードも同じだったから専属声優になったのかな?デジャヴも買おうかなぁ。

投稿: あき | 2007年8月22日 (水) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/7580057

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「デジャヴ」:

« 映画「モンスター・ハウス」 | トップページ | 海外ドラマ「24 -twenty four- シーズン6」 1巻~3巻 »