« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

映画「デジャヴ」

映画「デジャヴ」を観ました。
これは面白いです。

予備知識なしで見始めたので、最初は犯罪サスペンスだと思ったんですが、SFが加味されていました。

500人の客を乗せたカーフェリーがテロリストによって爆破される。
この大惨事の捜査にダグ・カーリン(デンゼル・ワシントン)が当たる。
捜査線上に一人の女性被害者が浮かび、さらに最新の捜査手法として過去を見ることができる装置を使用することになる。

ダグ・カーリンは「酒タバコ火器局」の捜査官ですが、アメリカにこんな機関があることを初めて知りました。

トニー・スコット監督がスピーディーかつ緊迫感あふれる演出でタイムパラドックスを描きます。久しぶりなので新鮮でした。
DVDは英語と日本語どちらもDD5.1なので私は吹き替えで見ましたが、デンゼル・ワシントンの吹き替えは大塚明夫で実にうまいです。

しかし、ヴァル・キルマーは太りましたね。

デジャヴ DVD デジャヴ

販売元:ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント
発売日:2007/08/03
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (1) | トラックバック (0)

映画「モンスター・ハウス」

映画「モンスター・ハウス」を観ました。
なかなか面白かったです。

他人を寄せ付けない偏屈な老人が住む家が、老人が発作で倒れたと同時にモンスターと化してしまう。
家の正体を知った少年達はモンスターを退治しようと奮闘する。

基本的に少年達の成長物語です。恐怖演出は抑え気味で残酷なシーンはないので、子供にも安心して観せることができます。

本作はCGによるアニメーションですが、浅い被写界深度などを用いてミニチュアセットの人形劇を意識しているようです。

モンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディション DVD モンスター・ハウス デラックス・コレクターズ・エディション

販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日:2007/06/20
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「Knock Knock -ノック・ノック-」

ホラー映画「Knock Knock -ノック・ノック-」を観ました。
うーん、つまらないです。

低予算映画らしいので、スプラッターシーンや特殊メイクが安っぽいのは仕方がないとしても、それを差し引いてもつまらないです。
この手の低予算映画はアイデア勝負だと思うのですが、何の目新しさもありません。

ストーリーは一応サスペンス仕立てですが、無駄に登場人物が多く、感情移入はおろか名前を覚える前にバサバサ殺されてしまいます。サスペンスとしても三流、ホラーとしても三流です。
見どころは少々のお色気だけですが、それも後半はなくなってしまい、ほんとに見るところがなくなってしまいます。

DVD Knock Knock -ノック・ノック-

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2007/04/04
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »