« PSPで動画を見る | トップページ | アニメ「ラブ★コン」 »

アニメ「ひぐらしのなく頃に」

アニメ版の「ひぐらしのなく頃に」をやっと全部見ました。
怖いです。そして面白いです。

私はホラー映画が好きでよく観ますが、面白いと思うものはなかなかありません。
今思い出せるもので面白かったのは、リング(高橋克典版)と呪怨劇場版です。
しかし、まさかアニメで背筋が寒くなる思いをするとは思いませんでした。

「ひぐらし~」は、デフォルメされたキャラクターデザインはほとんど冗談の領域だし、キャラを立たせるための奇行や言動にとっつきにくさはあるんですが、そのあたりは前半のほのぼのシーンで慣れてしまい、こういうのもいいかもなと思ったあたりから徐々にホラーになっていくというのはなかなかいいです。
音楽職人川井憲次による、控えめだけど不安感を誘うBGMもぴったりはまっています。

どういう話かは公式ページを見ていただくとして感想を書きます。

・鬼隠し編
とても面白い、そして怖い。
身近な人が狂気を秘めている恐怖、主人公は追い詰められていくが子供なので山村から一人では逃げられない恐怖がよく描かれています。

・綿流し編
これも面白く、怖い。
閉鎖的な山村の因習。ちょっとしたきっかけで闇の扉を開いてしまい狂気に支配されていく恐怖。禍禍しい拷問道具の数々も恐怖感を煽ってくれます。

・祟殺し編
これは大したことないです。

・暇潰し編
これも別にどうということはありません。

・目明し編
これは綿流し編の解答編という位置づけですが、サスペンスタッチで怖いし残酷だし、このアニメ15禁にしなくていいのかな?と思うぐらいです。
物語中で双子の園崎魅音と園崎詩音の声を、雪野五月さんが二役で演じておられますが、これが鬼気迫る演技で素晴らしいです。しかもほとんど出ずっぱりなのでまるで一人舞台です。

・罪滅し編
これは鬼隠し編の解答編という位置づけですが、正直がっかりです。
鬼隠し編が大変面白かっただけに、失望も大きいです。
この落胆の大きさはエヴァンゲリオンの最終回以来です。
なんなのよこれは。

最終回になってもまだまだ語られない謎があるので、アニメ第2期に期待しましょう。
2期のキャラクターデザインは、普通の萌えアニメっぽくなってますね。

|

« PSPで動画を見る | トップページ | アニメ「ラブ★コン」 »

アニメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/6894208

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ「ひぐらしのなく頃に」:

« PSPで動画を見る | トップページ | アニメ「ラブ★コン」 »