« 映画「サイレントヒル」 | トップページ | ビリーズ・ブートキャンプ »

パソコン組み立て

私のメインパソコンはVAIOデスクトップのPCV-RX55です。
もう5年も前のもので、CPUはPentium4の1.7GHz。
確かWindowsXPが出たときに買ったと思います。

先日WindowsVistaが発売になったので、パソコンを新調するいい機会だと思って一台組み立ててみました。
今回メーカー製にしなかったのは、もうメーカー製パソコンに魅力がないことと、好きな機能のものを組み合わせてみたかったからです。

さて、予算と性能の妥協点から、次のような構成になりました。
CPU: Core2Duo E6300
マザーボード: ASUS P5B-E Plus
グラフィック: ASUS EN7600GS SILENT
HDD: Hitachiの320Gバルク
メモリ: DDR2-800 512M バルク 2枚
ケース: Antec SOLO
電源: SILENT KING-5

OSは新しいもの好きなのでWindows Vista Home Premiumにしました。
Vistaについてはまた後日書きます。

出来上がったPCは静音性も十分で満足です。

P5B-E Plusというマザーボードは電源との相性でコイルが鳴くという話を聞きますが、私のも鳴っているようです。
何が鳴っているのか定かでありませんが常に少し鳴っていて、マウスのホイールで画面をスクロールするとキュルキュルと違う音になります。
でも、ケースの蓋を閉めればほとんど聞こえないので気にはなりません。
Antec SOLOというケースは横に空気穴がないので、穴があるケースだと聞こえるかもしれません。

新しいマシンを買うと性能を確かめたくなります。
とりあえずSuperPIをやってみたところ、104万桁が30秒でした。
VAIO RX55が1分53秒でしたから、約4倍の性能ですね。

CPUの温度をPC Probe IIで見てみると、アイドル時20度、負荷をかけて30度です。
冬とはいえ、ほんまかいなと思います。

このマシンをまた5年ぐらい使うと思います。

|

« 映画「サイレントヒル」 | トップページ | ビリーズ・ブートキャンプ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/6080953

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン組み立て:

« 映画「サイレントヒル」 | トップページ | ビリーズ・ブートキャンプ »