« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

小説「乃木坂春香の秘密」五十嵐雄策(著)

ライトノベル「乃木坂春香の秘密」を、表紙に惹かれて買ってしまいました。
なかなか面白いです。

白城学園の乃木坂春香は容姿端麗成績優秀、性格も良く男からも女からも好かれる完全無欠のお嬢様。
しかし彼女にはある秘密があった。

というものですが、別に男だとか宇宙人だとかいうものではありません。
正統派ラブコメです。
私はコテコテの展開も好きなので顔が緩みがちになってしまいました。

この作品の魅力は「しゃあ」氏の絵による功績が大きいと思います。
私も表紙の絵を見て買ったクチですし。

文章も読みやすく気軽に読めます。

Book 乃木坂春香の秘密

著者:五十嵐 雄策
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

乃木坂春香の秘密〈2〉 Book 乃木坂春香の秘密〈2〉

著者:五十嵐 雄策
販売元:メディアワークス
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

魍魎の匣(もうりょうのはこ)映画化

京極堂シリーズの「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」がとうとう映画化されます。
一番好きな話なのでこれは嬉しいです。
当然、長い原作をそのまま映画にできるはずはないので再構成すると思いますが、それもまた楽しみです。

前作「姑獲鳥の夏」との違いは、関口巽役の永瀬正敏が体調不良のため椎名桔平になりました。
うーん、椎名桔平はちょっとイメージが違うような。
私のイメージだと筒井道隆です。

久保竣公役は及川光博がいいですけど誰なんでしょうね?
その他の配役も気になります。
楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

液晶ディスプレイ「バッファロー FTD-G914ADS/BK」

私のパソコンはSONYのデスクトップPCV-RX55という、もう5年も前のものです。
ディスプレイは一応液晶であるものの、15インチで1024x768の解像度です。
しかも動画を見ると表示が追い付かなくて画像が割れます。

パソコン自体そろそろ買い替え時期なのですが、まずはディスプレイを替えようと思い、バッファローの19インチディスプレイFTD-G914ADS/BKを買いました。
熊本のアプライドで29,800円でした。
あんまり安くないですが、通販でなければ熊本ではこんなものでしょう。

19インチは広いですね。
ドット欠けもなく、動画の再生も申し分なくいい感じです。
入力がアナログとデジタルの二系統あったり、邪魔なACアダプタが内蔵なのも嬉しいです。
スピーカーが付いていますが、音が悪いので使いません。
表示色は1,619万色を擬似的に表示する方法ですが、プロ並のフォトレタッチをするわけではないので十分です。

ところで、液晶ディスプレイを選んでいると、コントラストの高い製品は光沢のあるグレアパネルが多いです。
これは周りが映りこんで疲れると思うのですけどね。
テレビと違って文字を読むのが主のパソコンディスプレイは、やはりノングレアパネルがいいと思います。
このへんのことは、ITmediaの記事「光沢液晶 vs. ノングレア液晶──それぞれのメリット/デメリットを理解しよう」に詳しく書いてあります。

BUFFALO 19インチ液晶ディスプレイ FTD-G914ADS/BK ブラック CE BUFFALO 19インチ液晶ディスプレイ FTD-G914ADS/BK ブラック

販売元:バッファロー
発売日:2006/06/15
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »