« ANA旅割のデスラー総統 | トップページ | 映画「輪廻」 »

小説「涼宮ハルヒの消失」

涼宮ハルヒシリーズ第4弾「涼宮ハルヒの消失」を読みました。
これはなかなか面白かったです。
1巻から3巻までで固めてきたキャラクターとエピソードをうまく使って構成しています。
この4巻のために3巻までがあったと言ってもいいぐらいです。

ウザいハルヒも今回は正統派ツンデレキャラっぽいし、なんといっても長門がいいです。
私はハルヒシリーズで長門が突出して人気がある理由がよく分からなかったのですが、これを読んで分かりました。
長門いいです。

もっとも、ストーリー自体は大した事なくて、ある日世界は自分の知っている世界とは違うものになっていたという、よくある自己喪失ものです。
しかしそこで効いてくるのが今まで積み上げてきた登場人物の各キャラクターです。
別世界における彼らの行動から、読者は小説に書いてあること以上の妄想を膨らませてしまいます。
これが登場人物への思い入れとなり、面白さにつながるのだと思います。

本巻のテーマともいえる、そこはかとない切なさもいい感じです。

涼宮ハルヒの消失 Book 涼宮ハルヒの消失

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« ANA旅割のデスラー総統 | トップページ | 映画「輪廻」 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/6169952

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「涼宮ハルヒの消失」:

« ANA旅割のデスラー総統 | トップページ | 映画「輪廻」 »