« アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」 | トップページ | 小説「涼宮ハルヒの動揺」 »

小説「涼宮ハルヒの暴走」

ハルヒシリーズ5巻「涼宮ハルヒの暴走」を読みました。
なかなか面白かったです。

3本の中編が収録されています。

・エンドレスエイト

夏休み終盤、夏を満喫するためにハルヒが作成した過密スケジュールをこなすSOS団の面々。
プール、虫採り、盆踊り、花火などなど。
しかし、なにかがおかしい……。

・射手座の日

SOS団設立時、ハルヒにパソコンを強奪されたコンピュータ研がやってきて、コンピュータ研制作のネットワークゲームで勝負しようと持ちかけてきた。
銀河英雄伝説のような宇宙艦隊戦ゲームである。
負けても構わないと思うキョンはフェアプレイを主張する。
ゲームが開始されたとき、キョンは長門の意外な一面を見る。

・雪山症候群

冬休みに鶴屋さんの別荘に来たSOS団は、スキー中に突然遭難してしまう。
吹雪の中、長門ですら事態を把握できない異常事態。
途方に暮れていた彼らは怪しい洋館を発見する。
洋館に入ったSOS団に降りかかる事態とは……。

雪山症候群が一番面白いです。
ところで、キョンの妹は小学5年生という設定ですが、あれはどう見ても1, 2年生ですね。

涼宮ハルヒの暴走 Book 涼宮ハルヒの暴走

著者:谷川 流
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」 | トップページ | 小説「涼宮ハルヒの動揺」 »

小説」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/6125980

この記事へのトラックバック一覧です: 小説「涼宮ハルヒの暴走」:

« アニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」 | トップページ | 小説「涼宮ハルヒの動揺」 »