« 映画「ノロイ」 | トップページ | 小説「絡新婦の理」 »

マンガ「のだめカンタービレ」

前から気になっていたマンガ「のだめカンタービレ」(二ノ宮知子著)を読みました。
非常に面白いです。
講談社のKissにて連載中で、単行本は現在15巻出ています。

変なタイトルですが、のだめとは主人公・野田恵の愛称で、カンタービレとは音楽の表現で「歌うように」の意味です。

クラシック音楽の世界を描いたマンガなので堅苦しいと思われがちですが大丈夫です。
音楽大学で指揮者を目指し、ピアノとバイオリンも人並み以上の腕を持つ天才肌の主人公・千秋真一。
最初は思い上がっていて嫌な奴なんですが、後輩の不思議少女・野田恵と出会う事によって徐々に丸くなってゆき、同時に成長もしてゆきます。
この野田恵ことのだめは、楽譜を見ず感性でピアノを弾くため、千秋と正反対の音楽性を持っています。
しかも部屋はゴミの山、何日も風呂に入らないというおよそヒロインらしからぬキャラクターで、これまた千秋と正反対。
のだめが千秋にまとわりつくドタバタが楽しいです。

このマンガを読んでクラシックに親しみを持つ人が増えればいいなと思います。

のだめカンタービレ(1) Book のだめカンタービレ(1)

著者:二ノ宮 知子
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画「ノロイ」 | トップページ | 小説「絡新婦の理」 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/6446357

この記事へのトラックバック一覧です: マンガ「のだめカンタービレ」:

« 映画「ノロイ」 | トップページ | 小説「絡新婦の理」 »