« 小説「鉄鼠の檻」 | トップページ | 映画「プライマー」 »

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を鑑賞。
うーん、つまらないです。
シリーズ中最低の出来ではないでしょうか。

クィディッチ・ワールドカップはいきなり終わるし、三大魔法学校対抗試合も第一試合は他の選手の試合飛んでるし、私はDVDが壊れてチャプターが飛んだのかと思いましたよ。
いくらなんでも端折り過ぎです。

登場人物もろくな紹介がないまま話が進んでいくので何が何だかわかりません。
私は原作を読んでいたのでよかったですが、読んでないと置いてきぼりでしょう。

私は原作に出ていた美しい妖精ヴィーラが、映画でどう表現されるか楽しみにしていたのですが、全然出てこなくてがっかりです。
ヴィーラとのハーフであるフラー・デラクールもあんまり美人じゃなくて残念。
チョウ・チャンもかわいくないし、ハーマイオニーもかわいくなくなってきたし、もうどうしようもないです。

よかったのはムーディ先生の魔法の目がグリグリ動くところと、ボーバトン校校長のマダム・マクシームの巨大さぐらいでしょうか。

ハリー・ポッターと炎のゴブレット DVD ハリー・ポッターと炎のゴブレット

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2006/12/08
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 小説「鉄鼠の檻」 | トップページ | 映画「プライマー」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/8433975

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」:

« 小説「鉄鼠の檻」 | トップページ | 映画「プライマー」 »