« 映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 映画「フォーガットン」 »

映画「プライマー」

レンタルビデオ屋でふと気になったので映画「プライマー」を鑑賞。
一風変わっていてなかなか面白かったです。

物語は、自宅のガレージで細々と製品を作っているベンチャー企業が、超伝導による重力軽減装置を作る実験をしているとき、偶然にもタイムマシンを作ってしまった事から始まります。
タイムマシンといってもそんなに派手なものではなく、せいぜい数時間過去に行けるという物です。未来には行けません。
それでも彼らは高騰する株を調べ、6時間過去に戻って株を買い大金を手にします。
しかし彼らはそれに飽き足らず、タイムパラドックスに挑戦しだしたことから、時間軸が入り乱れて訳の分からないことになっていきます。

この作品はほとんど自主制作のようなもので、シェーン・カルース監督が主演・脚本・音楽などをこなしています。
粒子が荒く彩度が低い映像がドキュメンタリーのような感じをかもし出しています。
特撮などなく非常に地味な作品で、しかも非常に難解ですが、なぜかつまらんと投げ出す気になりません。
逆に、難しいパズルに挑戦するような感じで何度も見てしまいます。

シェーン・カルース監督はエンジニアだったそうで、装置の制作シーンが妙にリアルです。
理系の人には楽しめるかもしれませんが、文系の人にはつらいかもしれません。

プライマー DVD プライマー

販売元:バップ
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 映画「フォーガットン」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/388331/6977383

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「プライマー」:

« 映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」 | トップページ | 映画「フォーガットン」 »