BeagleBone Blackに公式のDebianを入れる

BeagleBone Black内蔵フラッシュのOSはAngstrom Linuxでしたが、公式にDebianがサポートされたようなので書き換えたときのメモを残します。

環境

まず私の環境ですが、ホストマシンにWindows7、その上でOracle VM VirtualBoxでDebianを動かしています。

イメージファイルをダウンロード

Debianで、http://beagleboard.org/latest-imagesからイメージファイルをダウンロードします。

「BeagleBone Black (eMMC flasher)」のところにある
「Debian (BeagleBone Black - 2GB eMMC) 2014-05-14」をダウンロードします。
ダウンロードされるファイルはこの記事の時点では
「BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.img.xz」でした。

xzで圧縮されているので、次のように解凍します。

$ xz -d BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.img.xz

BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.imgというファイルになります。

microSDに書き込む

2Gバイト以上のmicroSDをUSBメモリカードリーダ・ライタに差してPCに接続し、
VirtualBoxのUSBデバイス割り当てを行い、microSDをDebianに認識させます。
そして次のようにしてmicroSDに書き込みます。(凄く時間がかかります)

$ sudo dd if=BBB-eMMC-flasher-debian-7.5-2014-05-14-2gb.img of=/dev/sdb

書き込みが終わったらDebianでmicroSDをアンマウントして取り外します。

BeagleBone Blackの内蔵フラッシュを書き換える

microSDをBeagleBone Blackに差し、電源を入れます。
4つのLEDが点滅している間は書き込み中なので電源を切ってはいけません。

4つのLEDが全て点灯し、その後消灯したら書き込み終了です。
電源を切ってmicroSDを抜きます。

ちなみに、Debianは自動ログインで、ユーザ名はdebian、パスワードはtemppwdです。

microSDのフォーマット

使用したmicroSDはパーティションが切られてしまって、Windowsからは96MのmicroSDとしてしか認識されなくなってしまうので、フォーマットします。

Windows標準機能のフォーマットではできないので、 SDフォーマッタをダウンロードしてインストール、起動します。
「オプション設定」の「論理サイズ調整」をONにしてから「フォーマット」を行えばOKです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビデオカメラ Canon iVIS HF M41

久しぶりにビデオカメラを買いました。
Canon iVIS HF M41 です。
今まで使っていたのは SONY DCR-PC300K ですから、およそ 8 年振りの購入です。

HF M41 の性能については他のブログに譲るとして、私は体育館スポーツの撮影について書いてみます。

まず、 AUTO (オート) モードでの撮影ですが、そこそこ撮れるという印象です。
あまりひどいことにはなりませんが、やはり機械に任せるのは少々無理があります。
体育館は窓やドアなどでいきなり逆光になりますが、自動逆光補正は補正がかかるまでに時間がかかります。
また、体育館の床を「鮮やかな色」と判断してしまい、画面が必要以上に赤くなってしまいます。

もっと綺麗に撮りたい場合は M (マニュアル) モードで次のような設定をするといいと思います。

・手ブレ補正はスタンダードにする

試合を横から撮ったときなど、左右にパンする場合手ブレ補正が「ダイナミック」だと揺り戻しが大きくて気持ち悪くなります。「スタンダード」にすることで改善されます。
カメラを動かさないときは積極的に「パワード IS 」ボタンを活用しましょう。

・露出を固定する

窓やドアの明かりが映り込まないようにして露出を固定すると、逆光でも大丈夫です。
ちなみに、自動の露出調整のとき手動で逆光補正をするには、ピクチャー設定で明るさをプラスにするといいです。
露出は電源を切ると自動調整に戻ってしまうので注意してください。

あとはホワイトバランスを固定したいんですが、いい方法が見つからないので今のところ AWB で撮っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PS3 故障

PS3 が故障しました。
ゲームしてたら突然ブツッといきました。
電源ボタンを押しても、ピピピッと鳴ってランプが赤点滅します。
ちなみにうちの PS3 は 40G 版の CECHH00 です。

ぐぐってみると、結構有名な故障みたいですね。
全然知りませんでした。
ナニナニ?メイン基板交換コースで 16,800 円!?
これは痛い。金額もだけど、セーブデータがパーになるのが痛い。

でもしょうがないから修理に出しました。
それが一週間前の話。

今日帰ってきました。
修理内容を見ると、メイン基板の「部品手直し」とのこと。金額は 9,975 円。
やった!基板交換じゃない!

抜いて保存してた HDD を付けて起動。
セーーーーーフ。
データは全部残ってました。

これからはちゃんとバックアップするようにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Windows7のハイブリッドスリープ復帰不具合解決

Windows7 のハイブリッドスリープの調子が悪くて困っていましたが、解決したのでメモを書いておきます。

まず、マザーボードは ASUS P5B-E Plus です。
BIOS は Setup default の状態。
以前は Vista を使っていて、ハイブリッドスリープは全く問題なく使えていました。

OS を Windows7 にしたところ、サスペンドはできるけどハイブリッドスリープができなくなりました。
BIOS を見直すと、 Suspend Mode が S1 になっています。
Vista ではこれで問題なかったのが不思議ですが、 S3 に変更すると Windows7 でもハイブリッドスリープができるようになりました。

これでしばらく使っていましたが、ビデオカードを GeForce 210 に変えたところ、ハイブリッドスリープの復帰が失敗するようになりました。
大体 1/10 の確率で失敗します。画面が真っ黒のままハングします。
ドライバを最新にしてもダメでした。

そこでさらに BIOS を見直して、 Repost Video on S3 Resume が Disabled だったので、 Enabled にしたところ問題なく復帰するようになりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

液晶テレビを PC モニタにする その 2

前回のエントリで GeForce 210 が相性悪かったので、 Sapphire の Radeon HD4350 を買ってきました。
これは何の問題もありませんでした。快調です。

で、 GeForce 210 は Windows7 で使っているもう一つの PC に入れてみるとにしました。
マザーボードは ASUS P5B-E Plus で、元々入っているビデオカードは GeForce 7600GS です。

GeForce 7600GS の Windows エクスペリエンスインデックスは 4.7 です。
GeForce 210 にしたら、なんと 3.8 !

GeForce 210 はエントリーモデルとはいえ、 3 年前のエントリーモデルに大敗するとは思いませんでした。
GeForce 210 にはがっかりさせられることばっかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

液晶テレビを PC モニタにする

液晶テレビを PC のモニタにしてみました。

PC はドスパラのちょっと古いもので、マザーボードは ASUS P5VD2-MX 。
テレビは SONY BRAVIA KDL-32J5000 です。

そのままではつながらないので、まずビデオカードを増設します。
ドスパラでは Palit というよく分からないメーカーのビデオカードを安く売っています。
とりあえず 3D ゲームなどは全くしないので、安い GeForce 210 (512MB) を買いました。

さて、接続して動かしてみるとなんかおかしい。
起動時のメモリや HDD チェックの表示が異常に遅いんです。
1 文字表示するのに 1 秒くらいかかっています。
文字のビットマップフォントを上からピロッと目に見えるスピードで表示しています。

しかし、 DEL キーを押して BIOS セットアップ画面に入ると普通に何の問題もなく表示されます。操作もちゃんとできます。
また、起動画面の遅さに耐えて WindowsXP が起動すると、その後は何の問題もなく表示されます。
わけがわかりません。

ぐぐってみると、同じ現象の人がいました。
http://plaza.rakuten.co.jp/nana1451/diary/200911130000/
この方はマザーボードもビデオカードのメーカーも違うので、 GeForce 210 に何かしらの不具合があるとしか考えられません。
Windows が起動する前の問題なので、ドライバの問題でもありません。

ちょっとお手上げです。
あんまり新しいものは買うもんじゃありませんね。
このビデオカードは他の PC に入れることにして、別のビデオカードを買うことにします。

ちなみに、 BRAVIA の表示は全く問題ありませんでした。
HDMI で接続し、解像度は 1360x768 を設定できます。
アナログ RGB と HDMI 両方接続していると HDMI が優先されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CPU交換

Core2Duo E8400が2万円を切ったのでE6300から交換しました。
マザーボードはASUS P5B-E Plusなので、BIOSを最新の0633にしてから交換。
何の問題もなく動きました。

Super PIの104万桁が、 E6300が30秒、E8400が16秒なので倍ぐらいの性能になりました。
体感的には、Vistaがキビキビと動くようになったように感じますが、これは主観なので気のせいかもしれません。

さて、このマザーボードのFSBは本来1066MHzです。
E6300はこれでよかったのですが、E8400のFSBは1333MHzなので実際どうなっているか確認してみました。

まずBIOSで確認。
CPUクロックは3.01GHz、FSBは1333MHzでした。

念のためCPU-Zでも確認。
C1EとEISTが有効なので、定常状態でクロック2GHz、FSB1333MHzです。
Super PIで負荷をかけると、クロック3GHz、FSB1333MHzになりました。

自動でオーバークロックしているみたいです。
発熱大丈夫かなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ルイスと未来泥棒」

ディズニーものには外れなし。本作もそつなく面白かったです。

ただ本作は中盤まで、支離滅裂な展開と登場人物の行動原理が理解不能なので、感情移入が難しくちょっと辛いものがありました。
日本人には馴染みのないアメリカ文化に基づく言動も足を引っ張ります。
しかし後半はちゃんとうまくまとめていますので、ホロリとさせられます。

子供と一緒に観るのにいい作品です。

ルイスと未来泥棒 DVD ルイスと未来泥棒

販売元:ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント
発売日:2008/04/23
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンガ「木造迷宮」アサミ・マート(著)

世の中メイドブームですが、日本にも「女中」という職業 (?) があります。

昭和初期を舞台に、しがない三文小説家の家に住み込みで働く、若くて可愛くて気立ての良い女中さんの話です。

ほのぼのとした日常を、卓越した画力で生き生きと描いていますが、全一巻なのが惜しいです。
もっと読みたい。

Book 木造迷宮 (リュウコミックス)

著者:アサミ・マート
販売元:徳間書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

木造迷宮 木造迷宮
販売元:セブンアンドワイ
セブンアンドワイで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

映画「ネバー・サレンダー 肉弾凶器」

元海兵隊員の主人公が、強盗団に誘拐された妻を独力で救出するというストーリーです。
アーノルド・シュワルツェネッガー主演の「コマンドー」を彷彿とさせ、期待していたのですがイマイチでした。

主人公を演じるプロレスラーのジョン・シナの肉体は素晴らしく、妻ケイト役のケリー・カールソンも可愛いのですが、演出がよくないです。
追跡が何度も途切れるので、その度にテンションが下がってしまいます。また、血も涙もない強盗団を変にコミカルに描いているため、主人公の戦いから爽快感が薄れてしまっています。

「コマンドー」を超えるアクション映画はなかなか出てきませんね。

ネバー・サレンダー 肉弾凶器 DVD ネバー・サレンダー 肉弾凶器

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2008/01/12
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«液晶テレビ「BRAVIA 40W5000」